すべり症に効果のある温泉があるって本当?

最近現代人の中で増えている腰椎すべり症。これは身体の椎体と椎弓がずれてしまうことで、文字通り運動や仕事、負担などによって骨がすべりずれていくことによって引き起こされる病気です。

しかし、日本人はほとんどの場合は腰痛を我慢してしまう人が多いです。それはもちろんこの国の働く人の真面目さが出ているのですが、すべり症は放っておくことによって悪化します。どんな病気でもそうですが早期発見・早期治療が何よりも必要なことで、それをするだけでも症状の緩和に効果を発揮します。

近年の治療法ではコルセットを装着し安静にしていることが必要なのですが、安静にしていることができない人もいます。仕事や学校に行っている人は少なくとも少しでも歩くということがあって、それが負担になることもありますし、仕事も学校も椅子に座っている時間が長いという人もいます。

そうした場合はさらに骨と骨が滑っていき、症状の悪化に繋がります。悪い時では運動神経の麻痺やしびれになることがあるので、単純な腰痛と思わないことが重要です。

最近ではこのすべり症に有効な手段として温泉があります。

温泉はもちろん日本人なら誰でも知っている万能な湯です。なぜこれがいいと言われているのかというと、温泉には血行を良くすることができるからなのです。

腰痛にとって血行は重要で、血管が身体を構成しているのでそれを良くすることで効果を発揮します。さらに温泉に含まれているナトリウムなども体内に作用しますし、何よりもリラックス効果が絶大です。このリラックスというのが案外見落としがちで一番重要なことです。緊張している身体の痛みの部分をリラックスさせることで筋弛緩剤の役割になるのです。

温泉には様々な効能というものがあって、腰痛をはじめ筋肉痛や関節痛、神経痛などにも効果のある温泉もあります。癒しの旅をしてみるのも良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ