適度な運動がすべり症の予防になる

適度な運動で健康体に!

0-86

皆さんは適度な運動をしていますか?

寒い時期は運動もなかなかできないという人が多いと思います。

しかし身体を健康にするには適度な運動が必要です。

とくに最近は腰痛になっている人が増えており、寒い時期はそういった骨の痛みや関節の痛みが出る人がさらに増えてきます。

身体を動かして健康体を作っていきましょう。

腰痛を引き起こす原因について。

腰痛を抱えている人で、適度な運動が生活習慣になっている人は少ないと思います。

とくに働いている人は仕事が忙しくて運動に時間を割くことができないという人が多く、身体の筋肉が低下していることが考えられます。

身体の筋肉が低下してくると、骨を支える肉の部分が弱っているわけですから、すべり症や椎間板ヘルニア、ぎっくり腰などになってしまう可能性が高くなります。

筋肉を鍛えて自然体のコルセットを作り上げることが重要です。

現代人はそのライフスタイルによっては、知らず知らず腰に負担のかかることをしている人も多いのが現状で、尚且つ運動不足になっている人も多くいると思います。

さらには食生活の乱れなどもあり、それらが複合的に腰痛を誘発することもあります。

今からでも遅くない、体を鍛えよう!

食生活が乱れると頑丈な身体を作ることができなくなり、さらに運動不足で筋肉が低下し、そして腰に負担のかかる仕事をしているときに一気に負担がかかり崩壊するということがあります。

だからしっかり身体は鍛えておくことが必要です。

とはいっても身体をガチガチに鍛えるのではなくて、適度な運動で良いです。

例えばプール等は浮上の力によって腰への負担を減らすことができます。

それでいて全身を使って泳いだり水中を歩いたりすることができますから、適度に身体全体の筋肉を鍛えるにはもってこいの運動です。

全身の筋肉をほどよく動かして、身体全体をコルセットのようにして骨を支えてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ