適度な運動がすべり症の予防になる

適度な運動で健康体に!

0-86

皆さんは適度な運動をしていますか?

寒い時期は運動もなかなかできないという人が多いと思います。
しかし身体を健康にするには適度な運動が必要です。

とくに最近は腰痛になっている人が増えており、寒い時期はそういった骨の痛みや関節の痛みが出る人がさらに増えてきます。

身体を動かして健康体を作っていきましょう。

☆お勧め治療院☆腰痛やすべり症でお悩みなら、荻窪 整体のりこう健美院へどうぞ♪

腰痛を引き起こす原因について。

腰痛を抱えている人で、適度な運動が生活習慣になっている人は少ないと思います。

とくに働いている人は仕事が忙しくて運動に時間を割くことができないという人が多く、身体の筋肉が低下していることが考えられます。

身体の筋肉が低下してくると、骨を支える肉の部分が弱っているわけですから、すべり症や椎間板ヘルニア、ぎっくり腰などになってしまう可能性が高くなります。

筋肉を鍛えて自然体のコルセットを作り上げることが重要です。

現代人はそのライフスタイルによっては、知らず知らず腰に負担のかかることをしている人も多いのが現状で、尚且つ運動不足になっている人も多くいると思います。

さらには食生活の乱れなどもあり、それらが複合的に腰痛を誘発することもあります。

今からでも遅くない、体を鍛えよう!

食生活が乱れると頑丈な身体を作ることができなくなり、さらに運動不足で筋肉が低下し、そして腰に負担のかかる仕事をしているときに一気に負担がかかり崩壊するということがあります。

だからしっかり身体は鍛えておくことが必要です。
とはいっても身体をガチガチに鍛えるのではなくて、適度な運動で良いです。

例えばプール等は浮上の力によって腰への負担を減らすことができます。

それでいて全身を使って泳いだり水中を歩いたりすることができますから、適度に身体全体の筋肉を鍛えるにはもってこいの運動です。

全身の筋肉をほどよく動かして、身体全体をコルセットのようにして骨を支えてあげましょう。

腰痛(すべり症)体験談

久しぶりに友人と自由が丘へ買い物にきた。
自由が丘はお店が沢山あり、かなり長時間歩き回りました。

底がないぺったんこのサンダルを履いていたせいか、ふくらはぎと、腰が痛くて途中何度か休憩を挟みつつ、やっと自宅へ戻りました。

その日は、日中の疲れが出てしまいころっと寝てしまいました。
翌日筋肉痛なのかふくらはぎはパンパンで、腰も鈍痛で重い。

このままでは、明日の仕事に差し支えると思いマッサージで体をほぐしてもらおうと、近所にある青葉台 整体へ行ってみることにした。

やはり、普段から運動不足だったので急に歩きすぎたのが原因として考えられるとのこと。たかが歩きすぎといっても、歩くにはそれを支える筋肉を酷使しているのだ。

長時間ふくらはぎと腰にだいぶ負担がかかってしまったんですね。長く歩く可能性があるときは、ふくらはぎや腰のストレッチや準備運動が必要です。または、普段からウォーキングをして運動不足を解消しないといけないと痛感しました。

腰痛(すべり症)について思うこと

腰が痛いと家事も辛いですよね。私の田舎の母も先日病院で「すべり症」と言われたそうです。5月、ちょうど畑の収穫時期です。「かがんでの仕事はつらいでしょう」とメールしました。

近くでお勧めの整体を探しているとの事だったので新潟 整体はどうだろうかと思っている。今度田舎へ帰った時、一緒に行ってみよう。

免責事項・注意

本サイトは、すべり症に悩む方々への情報提供およびそれらの症状で悩む方の助けになりたいと願う医療機関をつなぐサービスを主目的としております。治療に関するご相談は受け付けておりません。医師・治療家等の専門家までご相談下さい。

また、当サイトの情報には一切の責任を負いかねます。自己判断はせず、必ず、医師・専門家の指示を仰いで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ